Be the best Giver Creater

パソコンの選び方、主にデザインをしたい人必見!MAC?Windows?おすすめを紹介。

JUNJUN
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
JUNJUN
誰よりも不器用でデザインセンスがなかった経験から這い上がった経験からあなたにわかりやすくノウハウを提供したいと思います!

 

んにちは!

ジュンです。

 

これからPCを買いたいがどうしたらいいでしょうという質問が多いので

具体的に自分なりの考えを書いていきたいと思います!

 

ここで書くのは僕の浅い経験だけではなく

デザイン事務所や大手の設計事務所での経験の中で

社員の方の長年の経験を基に書いていくのでぜひ参考にしてみてください!

デザイナー、設計者が使うパソコンの条件

 

デザイナー、設計者が使うパソコンに必要な条件は、次の通りです。

デザインソフト、CADソフトが十分に動作するスペック

 

デザインソフト、CADソフトは

様々な機能が搭載されており、

快適に動作させるためには高スペックなパソコンが望ましいです。

 

 

なお、デザイナーやイラストレーター・フォトグラファーなどにとって

必須のデザイン関連アプリケーションであるIllustratorPhotoshopなどが揃っている

Adobe CreCreative Cloud (Adobe CC)の「必要システム構成」は公式サイトで最新の情報を確認するのが確実です。

参考: Adobe CC 必要システム構成のページ

 

アプリケーションは年々バージョンアップすることもあり、

この必要システム要件を満たすことはもちろんですが、パソコンは5年以上は使用することを考えると、

予算に応じてより高いスペックを満たすものを手に入れておくと安心です。

 

デザインが原寸で表示できる大きなディスプレイ

 

デザインするにあたり画面上で原寸で表示できるメリットは大きいです。

大きさが変わるとデザインも変わるからです。

可能であればA3サイズが原寸で表示できる27インチディスプレイがあると良いと考えます

 

色再現が綺麗で高解像度なディスプレイ

 

デザインにとって色は重要です。

プリンターや最終に印刷との色合わせがしやすいディスプレイがあると

安心かつ効率的です。

 

デザインソフトは定期的にバージョンアップし、

機能が強化されることも考慮に入れ、

購入時にはできるだけ

最新のスペックのパソコンを選ぶことをおすすめします。

 

ちなみに大画面を実現するには外付けディスプレイを採用する方法もあります。

ですので、スペックさえ満たしていればノート型のパソコンを採用しても良いです。

 

また、色再現については本当に厳密に考慮すると、かなりのコストがかかります。

そのため、ここでは最低限のスペックがあるものだけを紹介するようにしています。

 

 

Mac?Windowsどっちが良いの?

 

デザイナーはapple社のMACを使用しているイメージが強く、

実際に使用している人が多いです。

 

ただ、デザインをするのに「Mac?Windowsどっちが良いの?」と聞かれれば

回答は「どちらでも良いですよ!」となります。

 

デザイナーにMACを使う人が多い理由

デザイナーにMACを使う人が多い理由は、

印刷などのデザイン業界ではMACを使った仕事環境が整えられたからです。

 

難しいことは書きませんが、

以前はデザインに使う「書体」や印刷用の「データ」の作成にMACしか対応されておらず、

Windowsは使うことができませんでした。

 

しかし現在では、「書体」も「データ」もWindowsでも完全に対応されており

業界標準であるAdobe社のデザインソフトを使用できれば、

どちらを使っても問題ありません。

 

とはいえ、デザイン業界(特にグラフィックデザインの分野)ではMACをずっと使ってきたこともあり、

技術的には問題ないのですが、

現在もMACがメインで使われていることが多いのが現状です。

 

結局どちらを選べば良いのか

では、結局どちらを選べば良いのかといえば、僕はwindowsをおすすめします。

 

おそらく建築業界ではほとんどがwindowsでの仕事が多いと思います。

相当デザインが中心の職種に就く人はMacでいいとは思いますが

間違いなく無難なのはwindowsです!

 

かしMACユーザーが多いのも事実で、

Macは正直カッコイイです。美しいです!

 

windowsとの互換性も少し頑張れば解決できます!

なので絶対Macのほうがイイと思ったらそれでいいと思います!

 

デザイナーのパソコンの選び方

 

では、具体的にどうやってパソコンを選べば良いかというと

 

使い方・使う場所で選ぶ

まず重要なのは使い方・使う場所です。つまり、どこでパソコンを使うのかが重要です。

具体的には、次のようになるでしょう。

持ち歩いて使うなら、ノート型パソコン

学校と自宅間で持ち歩いたり、自宅だけでなくコワーキングスペースやカフェで使用する場合は、スペックの高いノートパソコンが良いでしょう。

使う場所が決まっているのならデスクトップパソコン

自宅や学校のみで使用するならデスクトップパソコンが良いでしょう。本来ディスプレイの大きさやスペックを考えるとデスクトップの方がコストパフォーマンスが高くなります。

同じ金額で購入できるスペックは、デスクトップの方が高くなります。iMAC(アイマック)はディスプレイも一体型なので、初心者が購入するにはおすすめです。

ノートの場合は画面が小さいため、取り扱う内容によっては、最終的に外付けディスプレイも検討する必要があることを考慮に入れておきましょう。

 

スペックはチェックしておく

最低限必要なスペックだけはチェックしておきましょう。具体的には、次のようなものです。

業界標準のAdobe社のデザインソフトに対応したバージョンのOS

デザイナーにとって必須のソフトに対応したバージョンであることは必ず確認しましょう。OSもソフトも随時アップデートしています。購入時の状況を確認する必要があります。

参考: Adobe CC 必要システム構成のページ

メインメモリは最低8GB(ギガバイト)、できれば16GB(ギガバイト)

待ち時間なく快適にデザイン作業を行う上で、メインメモリは大切です。ここだけはケチらず、条件を満たしたものを購入することをおすすめします。

プロセッサーも大事でこれはcorei7がお勧めです!

 

おすすめのディスプレイ

ノートパソコンを利用する場合は、作業効率化のために大きなディスプレイを検討すると良いでしょう。

高価格ですがおすすめの商品と、コストパフォーマンスの高い商品を1つづつ紹介しておきます。これらのスペックを参考に、似たような商品を検討しても良いでしょう。

印刷業界標準の高スペックディスプレイ

EIZO(エイゾー)という色再現に優れたメーカーのディスプレイです。このディスプレイがあれば困ることはないでしょう。サイズ違いで2種類ご紹介します。

低コストでおすすめのディスプレイ

同じくEIZO(エイゾー)の商品。この商品でも必要十分です。

今の自分の状況に合わせて最適なパソコンを選ぼう!

このページでは、デザイナー、設計者が使うパソコンの選び方と、おすすめ商品について書きました。

現時点では多少高くても、買い替えまでが長くなる高スペック商品を選ぶことで、最終的なコストパフォーマンスは良くなります。

とはいえ、もしこれからデザイン、設計の勉強をするのであれば、予算オーバーのものを無理して購入する必要はありません。自分の状況に応じて、最大のコストパフォーマンスが得られるものを選ぶようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
JUNJUN
誰よりも不器用でデザインセンスがなかった経験から這い上がった経験からあなたにわかりやすくノウハウを提供したいと思います!
Twitter でフォロー

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジュンの設計ブログ , 2019 All Rights Reserved.